特別支援学校の看護師の役割は?

特別支援学校看護師求人TOP >> FAQ >> 特別支援学校の看護師の役割は?

特別支援学校の看護師の役割は?

特別支援学校の看護師の役割は主に子どもの健康管理にあります。看護師が求められる職場は何も病院などの医療機関ばかりでなく、医療に長けた人材のケアが求められる子どもが通う特別支援学校をはじめとする教育機関も看護師を多く求めています。特別支援学校の看護師の役割は多岐に渡りますが、いずれも普通の医療機関では出来ない貴重な体験を多く積むことが出来るので、看護師としてさらに成長したいという方は求人をチェックして見てください。

特別支援学校の看護師の主な業務は生徒である子どもの健康管理や医療ケアとなります。特別支援学校に通う生徒は何らかの理由で一般的な学校に通うことが出来ない状態となっており、看護師は普段の生活の中で異常が出たときに看護ケアを行うために常任しています。例えば痰の吸引やインシュリン注射など子どもだけでは行えない医療行為をサポートすることで授業を安心して受けることが出来る状態にすることが求められています。

特別支援学校では養護教諭の資格を取得することで保健室業務が可能となり、何かあった時には生徒に対して適切な医療行為を行うことが出来るようになります。一般的な学校でもこうした保健室勤務の養護教諭は常駐していますが、特別支援学校の生徒はさらに深刻な状態に陥るケースも珍しくないので、より深い専門知識が求められるため業務はさらに大変なものとなります。時には医師のいない状態で大きな判断を任せられることにもなるので、養護教諭を目指しているという方は十分すぎるくらいに多くの知識を身に付けましょう。

特別支援学校での業務の一つに教員のサポートがあります。医療行為を行う場ではあるものの、基本的には学校の一つにあたるため、何事も無ければそのまま授業を行いますが、その際何か起きたときにすぐに対処できるように教諭と連携を取って何か問題が発生しそうな生徒をチェックできるようにしたり、生徒の体調に合わせてどのような形で治療を行えば良いのかなど前もって確認して、教諭と暖簾系で子どもの健康を守っていきましょう。

特別支援学校で働くためには養護教諭の資格を取得したり、採用試験に合格するなどいくつかの条件をクリアしなければなりませんが、それ以前に求人自体が中々見つからないということもあります。そうした中でも看護師専門の転職サイトにアクセスしておくと数少ない求人も数多く公開してくれるので、中々理想的な求人を選びたいという方は是非転職サイトに登録してみて、特別支援学校の求人情報をチェックしてみてください。

特別支援学校の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆




Copyright (C) 2015 <※特別支援学校>看護師求人ガイド All Rights Reserved.